空いてる道で行こう

CB250F→CBR400R乗りツーリング趣味ブログです

西伊豆&雲見浅間神社ツーリング 3/24(日)

祝日なんてなかった、いいね。

さて今週末のツーリングだが、前回の氷室神社みたいな石段を登っていく雰囲気の神社っていいなぁ。と思ったので探してみた。

すると西伊豆の雲見浅間神社が「とても険しい」「軽い登山」と好評(笑)だったので、今日はここへ行ってみよう。

 

 

雲見海岸へ

AM6:30、出発。微妙に寝坊して遅れちゃったぜ。

西湘bpで小田原へ。道は先日の雨のせいで所々ウエット。

そして箱根新道を登り始めると・・

 

はい、雪。

先週と同じネタはいらないから・・・(>_<)

写真の場所は箱根峠の道の駅。AM8:00頃

一応国道は除雪&凍結防止剤のお陰で走ることは出来る。路肩に寄ると散るけどね。

ただ外気温1℃で手足が寒すぎます(泣)ホットドリンクで解凍したら出発・・

 

そして沼津に降りてくると雪はおろか雨が降った気配すらない。

気温も急上昇。こんなん体壊れるよ・・(笑)

 

長井崎に寄ってちょい休憩。

静岡側は抜群に天気がよく最高のツーリング日和だ。

 

次は長井崎から戸田峠まで登り、西伊豆スカイラインを縦走、r59で松崎町まで出よう。

 

 

長井崎からは河内川に沿って南進。林道経由で戸田峠まで出られます。

 

AM9:30、大平台駐車場に到着。奥に見える道が西伊豆スカイラインだ。

 

全周晴れ! 日差しも暖かく、風もない。ベストコンディションですな。

 

西天城高原から見る宇久須の町。

西伊豆スカイラインは凍結などサッパリ無く、快走出来ました。

道良し、景色良し、交通量も少なくてやっぱり最高ですねここは。

 

次はr59に突入。

まあ良くある一車線の細い県道なんだけど、割と交通量がある。

しかもナビに誘導されるのか、首都圏ナンバー多し。そして離合で手間取るという・・(^ ^;

・・景色も単調だし、これなら真っすぐ宇久須まで降りて海岸沿いを走った方が楽しいかも。

 

モクレン?コブシ?

よく分からないけど、春の花がキレイに咲いてた。

 

山を下りると、あとは仁科川に沿って海に出るだけ!

 

松崎町のファミマで軽く昼食を済ませ・・

 

AM11:30前、雲見海岸に到着だ!

ちなみにこの海岸そばの無料駐車場は、写真だとうまく伝わらないかもだが、傾斜が急。重量級バイクで突っ込むと、出すのがもの凄く大変だろうから気を付けて。

 

いざ、烏帽子山

さて本日の目標がこちら。

山は烏帽子(えぼし)山といい、頂上に雲見浅間神社の本殿と展望台がある。

絶景が期待できるけど・・う~ん、これはキツそうだ(笑)

 

じゃあ浜辺からスタート。

 

 

鳥居の脇にあった案内図。

このイラストだと、大したこと無そうですねw

 

まずは石段130段をすんなり登って拝殿に到着。

ここまでは何でもありませんね。お参りを済ませたら次へ。

 

oh・・(石段320段)

 

この石段、なにがつらいって、途中の↑この写真の所で角度がさらに増すんですよ。

もはや壁じゃんw 

 

石段ゾーンを終えると、山道ゾーンへ。

最初は歩きやすい道だけれども・・

 

頂上に近づくにつれ岩山に変化。歩きづらい。

あ、正面に向かって進むのがメインルートですよw

 

頂上手前の最後の道。

参道は、この岩が平らになっている所です。柵?ねぇよそんなもん。

 

通過して、反対側から見た絵。

こっち側からだと、割としっかりした道に見えるな~(なお右下が崖)

 

ついに本殿に到着。けっこう人が集まってたので、後ろでお参りして展望台へ。

ちなみにこの 雲見浅間神社の祭神はイワナガヒメ。日本神話でお馴染みのコノハナサクヤヒメの姉だ。

この姉妹、天孫降臨の際いろいろあって、「イワナガヒメが宿る烏帽子山では、コノハナサクヤヒメの化身である富士山を褒めてはいけない」という言い伝えがある。

古事記にもそう書かれている。

いや、マジで古事記のエピソードが元になってるんだ(笑)

という訳で、古式に則り展望台では私も富士山は極力スルーしよう。

(ちなみに展望台から富士山はハッキリ見えます)

 

その展望台も一度に5人くらいしか立てないので、少し待つ。

というかこんな場所なのに意外と観光客っぽい人(しかもおじさんおばさん)が多い。皆さん健脚ですな・・

 

展望台から見た景色。これは絶景だ。

烏帽子山から南側方向で、正面の岩が千貫門という大穴が貫通している岩。

あそこらへんは有名なダイビングスポットらしい。

 

こっちが雲見の温泉街で、

 

こっちが本殿越しに見る雲見海岸。

マリンブルーの海がキレイ。もう文句なしの景色だった。

 

こうして無事お参りと絶景を堪能。往復40~50分くらいでした。

参道はかなり大変だけど、それに見合う景色が見れるのでおススメします。

私はライディングシューズで登っちゃったけど、歩きづらい場所もあるし汚れるので、気になる人は別途靴を持参するといいかもです。

 

雲見海岸散策&R136新規開通区間を走る

ちょっと歩き疲れたので浜辺で一休み。

海水浴シーズンは激混みだろうけど、今は人が全くおらず貸し切り状態♪

 

誰もいないのでカメラで遊ぶw

 

正面がさっき登った烏帽子山

こうしてみると、山っていうか岩だな。

 

PM1:00頃、雲見海岸を出発。

とりあえずR136を北上。

西伊豆のこのあたりはどこから見ても景色が素晴らしい。

 

土肥温泉にでも入ろうとも思ったけど、暖かいを通り越して若干暑いし、早めに帰って洗車とメンテを済ませたいので、今日はここで引き返すことに。

 

ルートはこのままR136をずっと道なりに走って、箱根峠から来た道で帰る。

 

あとR136は大平ICから先の延伸工事が済んでから初走り。

R414との合流部の渋滞をパス出来て、とてもスムーズになった♪

混雑する前に帰りたいので、有料区間も使って一気に北上。

 

が、R1沼津側で結局渋滞に巻き込まれる・・。 

あと東名事故渋滞の余波で、R1に車が流れてるらしく、湘南~横浜あたりも渋滞だった( 一一)

結局PM5:00には帰宅出来たかな。とりあえず洗車は出来たから・・ヨシとしよう。

 

今回のまとめ

GW以降は西伊豆、というか伊豆全体が混み始めるので、春のうちにもっと色々行ってみよう。

走行距離:313km

道路料金:150円×2(西湘bp往復)+320円(伊豆縦貫全走)